「言葉の壁」を、ぶっ壊そうぜ。

日本語

イギリス

我々が、普段何気なく使っている日本語。
実は、その日本語が限りなく完成形に近いことが、英語を学びにくくしている理由の1つと言われています。
簡単に言えば、ほとんどの英単語は、日本語に訳すことができます。
それ故、さまざまな勉強を日本語で受けることができるのです。

しかし、国によって、自国の言語では英語を訳すことができないこともあるようです。
そのため、多くの国は、自国の言語+英語という二カ国を話せるパターンが多いそう。

つまり、日本人にとって、日本国内で生きて行くために英語は必要ではなかったということなのです。
しかし、グローバル化が進んでいる今の時代、英会話力は欠かせないものになりつつあります。 そこで、格安英会話で学ぶというわけです。

日本には、不思議なことに「和製英語」というものがあります。
これは、一見英語に見えますが、海外ではまったく通じないというものです。
例えば、「パン」があります。朝食などで、よく食べるアレです。
これも、英語と勘違いしている人がいますが、和製英語です。
本来は、「Bread」が英語でいうパンのことです。

ほかにも、「コンセント」は「outlet」もしくは「socket」というのが正しい英語です。
ズボンなどについているチャックも「zipper」ですし、ホッチキスは「stapler」です。
こういった和製英語やカタカナの存在も、英語をややこしくしているようです。
もちろん、格安英会話では、和製英語などは一切出てきません。 つまり、格安英会話なら、正しい英語を身につけることができるというわけです。